これからの領域

6月号のAXISの特集「XRが生む新たな体験」の記事がどれも興味深いものでした。

AXIS表紙

XRとは、VR,AR,MRなどの総称のことであり、個々の技術の組み合わせが発生すると境界線が引きにくくなり、生まれた言葉です。

記事の中で、ジャイロが注目する、3つの内容とその関連サイトについて紹介します。

●SXSW online 2021
SXSWとはSouth by Southwestの略で、毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれる、音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせたイベントで、2021年はコロナ禍のため、完全オンラインで開催されました。
例年の会場であるオースティンの街やシアター、パーティ会場などをバーチャル空間として再現し、参加者が現地に行って踊ったり会話をしたり、と、SXSWの世界観に挑戦した事例として取り上げられています。

以下はVRジャーナリストの体験談です。(AXIS記事とは関連なし)
https://www.pronews.jp/special/202103231747190760.html

●シナスタジアX1 – 2.44 波象(Hazo)
シナスタジアラボが開発する、共感覚体験装置で、44の振動子を組み込んだ装置に身を委ね、音と振動、光が全身を包み込む体験ができるというものです。
https://synesthesialab.com
平たく言えば、マッサージチェアにスピーカーとライティングを組み合わせたもの、というような装置で、まだ研究段階ではあるものの、VRのような視覚+テクノロジーではなく、触覚+聴覚+視覚+テクノロジーのあり方を考える興味深い試みだと思います。

●医療分野へのXR技術の応用
AXISに掲載されているのは、スタンフォード大学のバーチャル・ヒューマン・インタラクションラボの研究グループのインタビュー記事。現在アメリカでは、この分野のスタートアップが何百社もあり、大企業も進出している拡大分野とのことです。
医療のXR利用の主な分野としては、次のようなものが挙がっています。
・健康やウェルネス目的のもの(慢性の痛みや不安、運動不足や喫煙などへの対応)
・医学生に対するトレーニング(手術や解剖などのシミュレーション、患者に対するコミュニケーション)
・診断(メンタルヘルス、認知症診断、脳疾患患者のリハビリなど)

また、スタンフォード大学にはチャリオット・プログラムという大学附属小児病院で応用できるテクノロジー開発やさまざまな研究が行われています。
http://chariot.stanford.edu

プログラム支援企業の事例(AXIS記事とは関連なし)
https://www.moguravr.com/magic-leap-health/

新入社員🌸

4月になりました!ジャイロに新たなメンバーが増えました!

ウェルカムボードでお出迎え。

ジャイロのキャラクター、ロホとアスールを書きました〜🐯

新体制ジャイロ一同共々よろしくお願いいたします!

ウェルカムボード

ロホとアスールは、自社アプリ、ピクニーニョのメインキャラクターです✨

□ピクニーニョ

ひな祭り

ひな祭りですね🌸
メンバーはチョコレートで満喫しております。

***
Medtec Japan 2020ですが、
新型コロナウィルスの拡大防止対策より、
予定しているイベントが延期になりました。
決まり次第、お知らせいたします。

日程:未定
ブース:南展示場4F 5508(医療用エレクトロニクス_エリア)予定