Facebookがレイバンと共同で年内にスマートグラスをリリース予定

June 17, 2021 

New York Post記事Mark Zuckerberg says augmented reality can replace art, media」を翻訳ツールによる和訳し、要約しました。ポイントのみの大雑把な要約です。詳細の表現は不正確な可能性があります。ご容赦ください。

マーク・ザッカーバーグは、Facebookが今年後半にレイバンと共同でスマートグラスを発売することを計画していることを、パリで開催されたVivaTechカンファレンスでのビデオインタビューで公表しました。

マーク・ザッカーバーグは、デジタルホログラムは、将来的には誰もが拡張現実メガネを着用することになり、テレビ、本、さらには絵画や彫刻に取って代わることができると述べました。

「実際に物理的である必要はなく、眼鏡をかけている世界でデジタルホログラムに簡単に置き換えることができるものがいくつあるかを考えてみてください」

「基本的に、将来のあらゆるメディア、あらゆるアート、あらゆるテレビの画面は、実際に物理的に存在する必要はありません。それは、メガネが壁に映し出されるアプリである可能性があります。」

彼はまた、Facebookのプラットフォームを通じて「デジタル衣類」の販売が可能になるしくみをクリエイターに提供することについても話しました。

「このメタバース(仮想世界)のビジョンの一部であるこのもう1つの大きな部分は、デジタル商品もたくさん用意することです。」

「デジタル衣類」は、人のための衣類ではなくデジタルアバターの衣服のことです。多くの商品をデジタルで作成できることで、人々は物理的な製造ではなく創造的な取り組みに集中できるようになる、と彼は述べています。

これらの仮想商品は近いうちにFacebookアプリストアで販売され、Facebook製の拡張現実メガネを使用して使えるようになる予定です。同社は眼鏡を有償で販売するか、あるいは広く採用されることを奨励するためにそれらを助成する可能性があるそうです。

Facebookは今年後半にRayBanと共同開発したスマートグラスを発売する予定ですが、メガネには拡張現実機能が搭載されていません。 また、メガネがどんな機能を持っているかについては、現段階では明らかにされていません。